Nature Photo 自由帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アグリアス「人の夢と書いて儚い(はかない)と読む。 何か、物悲しいわね。」

今日、朝出勤するときに母校の小学校で卒業式やってるのを見た。

さすがに小学生という立場では、「将来の夢」を明確に持って、
進路を考えているひとは少ないだろう。
では、中学生、高校生、大学生ではどうだろうか。

少なくとも自分は、「夢」を描けていなかったと言っていい。

中学時代、テレビゲームをよくやった。
こんなのを自分でも作ってみたいと思ったことがあった。
よくある「なりたい職業について調べよう」で、
先生に「ゲームを作る職業ってどーゆーの?」と聞くと、
先生は困り、「インダストリアルデザイナー?」といった。
調べてみると、たぶん違った。
いま聞けば、「ちげーよ!」ってツッコむところだが、
当時そういった職業は新鋭で、先生も知らなかったのだろう。
結局、深く調べられないままだったし、自分自身、
そこまでの情熱もなかったのかもしれない。
当時、艦船や航空機といった軍事的なものを
よく描いていたが、中学の文集的なものには、
「ゲームの絵を描く人」ではなく、「プログラマーになる」と
書かれている。ゲームクリエイタとも違うが、
なんとなく、夢のぼやけたイメージがあったように思う。

結局、地元の高校に進むことになる。
今思えば、○○クリエイタこそ、「本当」にやりたかったことに
近いことだったのかもしれない。
「なりたい職業」は、大抵の場合、なるために払う代償が大きい。

高校時代は、自分自身の「できること」を見つけることができる、
そんな時期なのかもしれない。
自分の場合、圧倒的な理数系思考が、未来へ続く分岐点における
一つの道を決めたと言っていい。
また、文化祭や予餞会などの行事を通して、「創ること」の
魅力にとりつかれたのかもしれない。
「理系」×「創りたい」
もう導かれる道は見えていた。工学系。
そして、高校とは、ある意味で、宗教的マインドコントロールの場で
あったであろう。有名国立大学に進学することが真であり、
それ以外の道は、相当な覚悟を持たねば、切り拓くことができない。
自分の意思が弱かったといえばその通りだし、ただの後悔でしかないが、
やはり、「やりたいこと」をやっておくべきだった。
新しく知った「理系」という概念に流されていたのではないか。
中学時代は、ただ「創りたい」というイメージがあった。
なぜ、「理系」をかけ合わせてしまったのか。
高校時代でも、ゲームクリエイトへの興味は消えていなかったが、
優先度が落ちていたことは否めない。

そして、専門学校のようなところで、才を磨くという選択ができるほど、
将来の安定と、夢と、を比べるに足る材料を持ちあわせていなかった。
「なりたい職業」は、大抵の場合、なるために払う代償が大きい。
このリスクを受け止められなかったのだ。

結局、順当に大学に進学した。
物理をはじめとする科学を学ぶことは楽しかった。
大学まで進学してしまうと、サークル活動などで大きな影響を
受けない限り、大概の場合、将来は定まる。

それなりに大きな企業に、エンジニアとして勤務した。
働いた代償として得られる給与は、幼いころに描いたものを
「趣味」として実現させてくれる。
天体写真、ネイチャー写真、デジ絵。
年賀状も、毎年自分でデザインする。
趣味の傾向を見ても、クリエーションという本質は
身体に染み付いている。

「本当にこのままでいいのか」という漠然とした疑問は、
自分に務める会社を変えさせ、趣味の範囲を拡大することに役立った。
そして、ますます、なにかをクリエイトする人間として生きることを渇望している。
これから、どうなっていくだろうか。
写真や絵で、なにかできるだろか。
かつて漠然と見た「夢」は、いまになって明確になりつつある。
そして、現実と夢とを図る力量もついた。

「夢」は「夢」として明確にある。
ただ、それがただの「儚い」ものに終わるのか、
少しでも形になって、クリエイトされたものによって、
自分が居たことを残すことができるのか。

これからの歩き方次第であろう。


 
スポンサーサイト
  1. 2012/03/19(月) 23:09:03|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BD

29歳になりました。


 
  1. 2012/02/28(火) 22:30:45|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪の進軍

全国的に大雪になる中、東海地方でも例にもれず、
大雪に見舞われました。

通勤、自宅から駅まで、いつもはチャリだが、
今日はスリップ事故を避けるため、徒歩にしました。

時間はかかるけど、いつもは見ない光景が見られて
実は、歩きのほうが好きだったりする。

SH3C0039ee.jpg
ケータイで撮影。フルオート。

雪の積もった樹木と、ちょっとレトロさを感じさせる背景の建物がよい。
本当は、青空且つ、陽の光が射しているシチュが欲しかったけど、仕方ない。

電車に乗ったものの、あまりにも電車の進み方が遅いので、出社を諦めた。
途中下車した駅の風景をケータイで。

SH3C0040ee.jpg
画像処理でゲインを若干上げたところ、画面にムラが見え出した。雪が白いから目立つ。センサ起因だろう。

いつもなら降りない駅。新鮮。
何に使われるか分からないけど、線路上に鉄骨が林立している。
まるで墓標。

 
  1. 2012/02/02(木) 12:34:36|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビニールの海で

日常の風景を。

IMG_9749.jpg

おばあさんが畑で農作業をしていました。
まるで波のなかにいるような、そんな風景です。

ソフトフィルタをかけたほうがよかったね。。


 
  1. 2012/01/29(日) 16:32:57|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MAHARAJA

地元の駅前、ちょっと路地を入ったところに、
本格インド料理のお店がある。
http://s-maharaja.com/

SH3C0037e.jpg
ケータイで撮影したためノイジーだったから、モノクロにして、かつ、コントラスト上げてみました。
言わずもがな、唐辛子。料理は総じて辛かった!


今夜は、夕餉をとるために、そこにいったわけだー

地元に戻る前は、遠方に住んでいたので、
来ることなかったけど、こんな本格的なお店あったんだな。。。


ここ、ナンがパネェ

ノーマルなナンもほんのり甘みが効いていて美味いのに、
ここにきてチーズナンときた。

やられた。

是非一度味わってほしい、と言いたいところだけども、
なにせ、地方の中堅都市の細い路地にあるお店だからなぁ
あぁーざんねん


 
  1. 2012/01/28(土) 21:42:08|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

y.ish

Author:y.ish
天体写真の雑記帳です。
Keywords:
星/天体/望遠鏡/写真
福岡/九重/久住
名古屋/茶臼山

pixiv

応援バナー

『ぼくの一人戦争』を応援しています! 花咲サノバスプリングキャンペーン開催中! ソレヨリノ前奏詩 『蒼の彼方のフォーリズム』 応援バナー spr002_bn25 戯画 『ハルキス』 応援中! NANAWINDホームページ August Favarite Cuffs

ハピメアクロック

最新記事

カテゴリ

未分類 (4)
雑談 (54)
天体 (66)
旅行 (16)
壁紙 (0)
所感 (1)
機材 (5)
イラスト (36)
啓発 (2)
文化 (18)
ロケット (1)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。