Nature Photo 自由帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夜が明けたら ~カシオペア座擬人化~

手が空かず、久しく描けていなかった星座擬人化イラスト、ようやく第5弾です。
カシオペア座を擬人化しました。
(レイヤー総数は190)
後半に背景のメイキングも載せました。

カシオペア座擬人化
夜が明けたら | わいっしゅ(y.ish)
(クリックで高解像度画像)

カシオペア座は、中性子星を伴星とするX線連星を有する等、
とても興味のある星座系です。
また、この星座は、夜空を見上げるとき、北極星を見つけるための
指標として大変有名ですね。

さて、星座の擬人化をやるときは、星座を構成する星雲や恒星の特性に基づいて、
構図や衣装、シチュエーションを決めることが多いのですが、
今回は主に神話に基づいた構成としています。

女王カシオペアは、娘のアンドロメダ姫の美しさを自慢しすぎて
神々の怒りを買いました。アンドロメダ姫は海面の岩場に繋がれ
おばけクジラの生贄となります。
カシオペアは、娘に近づけないようにと、
一年中海の下に沈まない位置に、神々によって星座にされてしまいました。

ですが、アンドロメダ姫うんぬんは別にしても、
海に行けないなんてかわいそうなので、
今回のイラストでは、旭日に光る幻想的な海を高地から眺めながら
佇むイメージで描きました。

振り向いているのは、愛しのケフェウス王に呼ばれたりでもしたのでしょうか(^^)

■以下、背景メイキング(というかレイヤー構成の紹介)です。
まだまだ修行中の身なのであくまで個人的メモのような位置づけです。

まず、キャラクターとレンズフレア等を非表示にした画像がこちら。
これを描いていきます。

01.jpg


01.線画:
遠景が多いので線画をあまり引きませんでした。

02.jpg


02.基本色を着色:
空をグラデーションレイヤーで。色はかなりの時間をかけて検討しました。
海は、後ほど空グラデを真似たレイヤーを合成しますが、それだと空と海が同色になるので
海側が深い色になるように濃いブラウンで塗ります。

03.jpg


03.海の基本色を着色:
空のグラデーションレイヤーをコピーし、グラデーションの方向、強度などを調整。
海のレイヤー上にモード「スクリーン」で合成します。

04.jpg


04.月模様のベースを描く(というか貼る)
月はリアリティが欲しかったので写真を使いました。
皆既月食を自分で撮ったものなので問題なしです(笑)

05.jpg


05.月を背景に馴染ませる
レイヤーマスクを利用して月の周囲および中央付近をマスキングします。
そしてモード「スクリーン」で合成。いい感じに馴染みました。

06.jpg


06.月の仕上げ
月に青みを加えてさらに馴染ませ、後ろのレイヤーにボカシた月を合成して空気感を出しました。

07.jpg


07.遠景の雲を描く
細かいメイキングは手間がかかりすぎるので割愛します。
レイヤー構成をどうしているかの参考に。
まずは遠景の雲を描きます。すべての雲が水平線から等間隔にあるように描きます。
また、積乱雲はなるべくランダム感が出るようにします。

08.jpg


08.さらに遠くにある雲を加える
エアブラシで描いてます。透明度を上げて遠くにある感を。

09.jpg


09.高高度にある層雲を加える。
遠近感を意識して水彩系のツールで層雲を描きます。
ボカシツールなどを駆使して、くっきりならないようにしました。

10.jpg


10.近景の雲を加える。
これも遠近感を意識して描きます。月の一部が雲に隠れるようにして、
月の大きさを意識させるようにしています。

11.jpg


11.全体的に空気感を出す
遠景の雲は空気によって霞みます。水平線と雲が一体感をもつように
エアブラシでブラッシングします。
また、水平線から層雲付近にかけて、薄めにモヤを加えました。

12.jpg


12.太陽光が雲を突き抜ける際の光条を加える
水蒸気中では光の通り道が見えます。
太陽の方向を意識して、光条と影を太陽反対側に伸ばしました。
このステップで空はお終いです。
次ステップからは海の描き込み!

13.jpg


13.波を加える
海は視点から遠いので、波はハッキリ描きません。
水彩系ツールでざっくり描き、ボカシ系ツールで馴染ませました。

14.jpg


14.月の反射、反射光にきらめきを加える
全体のバランスを考えて、空の映り込みを描きました。きらめきは描きすぎるとしつこいです。

15.jpg


15.近景の描画
キャラクタが立つ、崖の上の石畳を描きます。
構図がフィッシュアイレンズで撮ったように湾曲しているので、それに合わせたように
石版を配置しました。

16.jpg


16.石畳の汚れとハイライト
リアリティを出すため、石畳を汚します。また、太陽側にハイライトを加えました。

18.jpg


17.草を生やす
隣り合う石版の間には雑草が生えてきます。
また、石版上にも背の低い草やコケが生えるので、それらを描き込みました。

19.jpg


18.影を加える
崖の上面まで太陽光が届かない感じを出して、早朝のイメージをつけました。

20.jpg


以上で背景のメイキング終わりです。
最後までお付き合いありがとうございました(・∀・)

感謝を込めて、PC用の壁紙(1920x1080)を用意しました。
著作権はわたし(わいっしゅ)が所有しております。改変/再配布はご遠慮ください。
リサイズ、トリミングはどうぞ。

カシオペア座壁紙風small
↑クリックで拡大してからDLしてください。


 
スポンサーサイト
  1. 2013/08/15(木) 18:47:10|
  2. イラスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<野辺山オフ | ホーム | 刈谷アニメCollection2013 空とロケット団出展のお知らせ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://infrared000.blog129.fc2.com/tb.php/200-b777f1cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

y.ish

Author:y.ish
天体写真の雑記帳です。
Keywords:
星/天体/望遠鏡/写真
福岡/九重/久住
名古屋/茶臼山

pixiv

応援バナー

『ぼくの一人戦争』を応援しています! 花咲サノバスプリングキャンペーン開催中! ソレヨリノ前奏詩 『蒼の彼方のフォーリズム』 応援バナー spr002_bn25 戯画 『ハルキス』 応援中! NANAWINDホームページ August Favarite Cuffs

ハピメアクロック

最新記事

カテゴリ

未分類 (4)
雑談 (54)
天体 (66)
旅行 (16)
壁紙 (0)
所感 (1)
機材 (5)
イラスト (36)
啓発 (2)
文化 (18)
ロケット (1)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。