Nature Photo 自由帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久しぶりの望遠鏡撮影

2010/10/10

休日×ほぼ新月×月の入が早い というわけで
九重へ撮影遠征。
久しぶりにカメラレンズではなくて、望遠鏡で
撮影してみることにした。
(せっかくオートガイド機材があるので)

会社の同僚と撮影する予定で、現地の天気を
知らせることになっていたので、撮影現場の
牧ノ戸峠へ。

「天気明朗ナレドモ雲多シ」とメール。
天候悪化のリスクが高いので、今回彼は断念。

IMG_7921.jpg
当日の牧ノ戸。牧ノ戸峠は峠の天候を教科書のように再現。雲の出方が激しい。

なんとも幸いなことに、牧ノ戸で写真趣味をもつご夫婦に出会った。
牧ノ戸の展望台で星野写真を撮られるということで
ポータブル赤道儀を見せていただきました。

ほかにも九州をクルマで旅されているようで、
椎葉の酷道や五ヶ瀬の星空の話など、いろんな話を
お聞かせいただきました。

(そういえば、こちらも名乗らなかったし、
お名前を聞くのも忘れました・・・)


さて、

もう一人の同僚はこちらに向かっていたので、
雲の多い牧ノ戸を避けて大観峰で待ち合わせた。

大観峰は晴れ。
ちょうど三日月が沈む瞬間に立ち会えました。
最近良い写真が撮れていませんでしたが、
電波塔と雲と月と、いい情景が切り取れました。

IMG_7926.jpg
電波塔と雲と月と

陽が沈み、辺りが暗くなると、月のない空には
満天の星空が。

IMG_7932.jpg
撮影風景

久しぶりに望遠鏡で撮影開始です。
狙うは「はくちょう座」の北アメリカ星雲の精細画。
デネブをガイド星にして、キャリブレーションするも
「赤緯方向の移動距離が短い」と言われて成功せず。

その場は断念してノータッチガイド。
やっぱり3分露光が限度で、しかも軸調整が上手くないのか
ピンボケするので、まだまだ努力が必要です。

M33-comp3.jpg
M33. ISO1600, 3min x5 average, StellaImage6, No touch guide.

NGC7000-COMP3.jpg
North American Nebla. ISO1600, 3min x5 average, StellaImage6, No touch guide.

帰途のつき、牧ノ戸に寄りましたが、
ご夫婦はお休みだったようです。

帰宅後、オートガイダーをどうしても正常に
動作させてやろうと頑張った結果、上手くいきました。
赤緯の調整時間を長く取るのと、いままで入力を忘れていた
ガイド星の緯度を入れたら成功する確率が高くなりました。

つぎも望遠鏡で撮影に挑みます。
スポンサーサイト
  1. 2010/10/11(月) 14:31:01|
  2. 天体
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オートガイド | ホーム | 瀬の本高原>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://infrared000.blog129.fc2.com/tb.php/26-b60c59dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

y.ish

Author:y.ish
天体写真の雑記帳です。
Keywords:
星/天体/望遠鏡/写真
福岡/九重/久住
名古屋/茶臼山

pixiv

応援バナー

『ぼくの一人戦争』を応援しています! 花咲サノバスプリングキャンペーン開催中! ソレヨリノ前奏詩 『蒼の彼方のフォーリズム』 応援バナー spr002_bn25 戯画 『ハルキス』 応援中! NANAWINDホームページ August Favarite Cuffs

ハピメアクロック

最新記事

カテゴリ

未分類 (4)
雑談 (54)
天体 (66)
旅行 (16)
壁紙 (0)
所感 (1)
機材 (5)
イラスト (36)
啓発 (2)
文化 (18)
ロケット (1)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。