Nature Photo 自由帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

探訪 その貳 九頭竜~ひるがの高原

天体観測地を求めての探訪、第貳弾。

今回は、福井県の九頭竜と
岐阜県のひるがの高原です。

いずれも、自宅から90km程度で、
時間にして1.5h。
とても適しているようです。

ひるがの高原の「牧歌の里」は
ひるがの高原SAのスマートIC(ETC専用出入り口)で
高速を下りると、なんと10min程度でいけてしまいます。
しかも、広い駐車場があり、よい環境でした。


さて、道程を記しておきます。

まずは九頭竜湖を目指しました。
幼い頃、父親と二人旅をし、
とても暗い夜に、電車で走ったことがあります。
暗いことは間違いないです。

東海北陸道を北上して白鳥ICで下りました。
中部縦貫自動車道に接続しているので、
高速気分で福井県に侵入。

IMG_8731.jpg
福井県に入った証拠

さらにR158を西進して九頭竜方面へ。

IMG_8733.jpg
雪残るR158

ところどころ観測できそうな場所はありましたが、
九頭竜湖自体が谷間なので、南北の空が山で隠れます。

やっとこさたどり着いたのは
九頭竜ダム。

IMG_8738.jpg
ダム全景

IMG_8740.jpg
ダムの説明書き。夜入れるのかな。

ここまで、自宅から約95km。
時間は1.5hで、リーズナブル。

九頭竜がこんなに近いとは。


さて、次いで、ひるがのに行きます。
R158を戻り、白鳥からR156を北上。

IMG_8741.jpg
道の駅「白鳥」

長良川の源流を横目に見ながら、
分水嶺公園に到着。
白樺の林になっていて、
下から見上げた星空を撮ったら幻想的になるに違いない!

IMG_8742.jpg
分水嶺公園。ここからの水が南へ流れると長良川、北へ流れれば荘川となる。

さらにR156を走って、ひるがの高原に入ります。
牧歌の里の広大な駐車場は
とてもよさそう。
外灯の状況は、夜にしか判らないので、
そこは実際に確かめたいところ。

IMG_8746.jpg
牧歌の里の駐車場から


帰りは、ひるがの高原SAのスマートICから東海北陸道へ。


今回の一枚は、九頭竜ダムの赤外写真。

IMG_7425s.jpg
九頭竜ダム。赤外を使ってもあまり特殊感が出ませんでした。。。


つぎは紀伊半島に行こうと思います。



 
スポンサーサイト
  1. 2011/03/30(水) 17:29:26|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<何もない | ホーム | GINJI200FN用ガイド鏡保持プレート作成>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://infrared000.blog129.fc2.com/tb.php/59-7c3004fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

y.ish

Author:y.ish
天体写真の雑記帳です。
Keywords:
星/天体/望遠鏡/写真
福岡/九重/久住
名古屋/茶臼山

pixiv

応援バナー

『ぼくの一人戦争』を応援しています! 花咲サノバスプリングキャンペーン開催中! ソレヨリノ前奏詩 『蒼の彼方のフォーリズム』 応援バナー spr002_bn25 戯画 『ハルキス』 応援中! NANAWINDホームページ August Favarite Cuffs

ハピメアクロック

最新記事

カテゴリ

未分類 (4)
雑談 (54)
天体 (66)
旅行 (16)
壁紙 (0)
所感 (1)
機材 (5)
イラスト (36)
啓発 (2)
文化 (18)
ロケット (1)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。