Nature Photo 自由帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Aチャンネル +smile

明日、アニプレックスから「Aチャンネル +smile」が発売されます。
と、いいつつ、amazon で注文すると、たまに発売日前日に届くので、
今日手元に。

AchOVA.jpg
ANIPLEX 黒田bb 公式HPはココ

Aチャンネルは、ほのぼの笑えて、いい作品だと思います。
TVアニメにつづくこのOVAも、例に漏れず。
黒田bbの瑞々しいタッチと、色彩の使い方が気に入っていて、
このシリーズは好きです。

あと、オープニングに注目してました。
TVアニメシリーズのときのOPが秀逸だったのですが、
OVAでもやってくれています。

そうそう。
秀逸といえば、C3-シーキューブの前期OPも。

キャラクターが走る姿を、横から描いているシーンがあるのですが、
そのシーンでの背景の描写に感心します。
背景は、立体的に視えるように、複数のレイヤーに分けて描かれていて、
手前のレイヤーほど早く、遠いレイヤーほど遅く、
走る方向と逆の方向に動いています。
それは普通なのですが、このシーンでは、
もっとも遠いレイヤーが走る方向と同じ方向に動いているのです。
こういった演出が、画面に立体感や動きをもたせる
働きをしているんだとおもいます。

アニメ制作について詳しくないので、上に書いたような演出、描写が
通常使われる技術なのかどうかはわかりませんが、
細かい部分への配慮が、より自然で動きのある作品を創りだすんだなぁ、と
感心してしまいます。


 
  1. 2012/03/20(火) 21:55:50|
  2. 文化
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PRODUCTION NOTE

amazon のマーケットプレイスで注文していた
「魔法少女まどか☆マギカ」プロダクションノートが届きました。

IMG_9787e.jpg
発行:有限会社シャフト

去年の夏コミ(C80:初体験)で、
これが先行販売されるとのことでした。
これも経験だ、ということで探したものの、
結局手に入れることができていなかった代物です。

そのときは、ま、いっか、的な感じで、スルーしたのですが、
改めてアニメ作品を観てみて、そして、画を描くようになったこともあり、
手にとってみたくなったのでした。

この資料も、昨日の記事で紹介した Animation Note と同様、
美術的な価値があるものだと思います。
ラフや線図に加えて、光の当て方、それにより得たい効果、
また、効果的なフレーミングについても記載されており、
どんな過程で、なにを意識しながら作画しているのか、
よく分かる資料となっています。

IMG_9790e.jpg
有限会社シャフト

人物だけでなく、背景の描写などもかなり詳細に設定されており、
アニメ制作者のセンスに、改めて脱帽する一冊です。

2部手に入れたので、1部は資料として、もう1部は
オリジナル画を描くときの参考に、いろいろメモとか
ぐちゃぐちゃに書きこんでいこうと思います。


※ amazon の評価欄には、製本の仕方が甘いと
 書かれてますが、本から、あるページを
 すぐに抜き取れる仕様は、この資料を画を描く参考にする
 人間にとって、逆に便利だったりするので、
 まぁいいかな、と思います。



 
  1. 2012/03/02(金) 20:48:28|
  2. 文化
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Animation Note 1

アニメーション作品「魔法少女まどか☆マギカ」関連書籍、
「ANIMATION NOTE VOL.1」を入手しました。

魔法少女まどか☆マギカは、第15回文化庁メディア芸術祭の
アニメーション部門における大賞受賞作品。
さもありなん。意外性と芸術性に優れたいい作品でした。

IMG_9782E.jpg
発行:有限会社シャフト

VOL.1は、オープニングアニメーションの
 ・レイアウト画
 ・原画
 ・修正画
 ・タイムシート
の一部が収録されています。

アニメファンはもちろん満足いく内容でしょう。

自分がもっとも注目したのは、アニメーション故の
動きのある画、とくに生き生きとしたキャラクタの
線画の描き方と、影の付け方の、参考資料としての価値です。

蒼樹うめさんの画風が嫌いでなければ、アニメファンに限らず、
美術資料としての価値も見いだせる一冊でしょう。


この本の存在を最近知ったがため、予約しようとしたら
どこも在庫切れ状態で、どーすっかな、とネットサーフィンしてたら、
セブンネットショッピングで買えました。探せばあるもんですね。
amazonではすでに転売が見られますね。。値が釣り上がってます。



 
  1. 2012/03/01(木) 20:44:10|
  2. 文化
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なにを目指すのか

昨日はMF文庫J、スーパーダッシュ文庫ほかの発行日でした。
シリーズで読んでいるものも何点か発売されました。

自分でも感じていることでもありますが、
いま、なにを目指して、いろんなことをやっているのか
分からなくなってきました。

ライトノベルを読みはじめ、サブカルに興味をもち、
アニメチックなイラストを描く練習をするようになりましたが、
なぜ描くのか、なぜ上手くなりたいのか、
正直よくわかっていないのです。


客観的な視点に立って考えてみよう。

とくに星雲の撮影を主にする写真趣味や、

島田フミカネ(ブログリンク)、黒田BB(ブログリンク)、
藤ちょこ(ブログリンク)、などのイラスト画集の蒐集、

自分が作製する写真編集作品の作風、

また、広くは、音楽の嗜好、

などを見るに、なにか、「色」をキーワードにした
「美しいもの」が見たい、表現したい、
というのが、根本にあるように思う。

自分が、”マンガ”をほとんど読まないのはこのためと思われ、
色のない世界ではインスピレーションにビビっとこないのかもしれない。
ただ、「美しいもの」は、視覚的なものだけではなく、
小説など、文章による美しさもまた、対象になる。

情景と、情景に合わせた登場人物の心情と、を見事表現し、
読者に喜怒哀楽を共有させる技術には感嘆せずにはおられず、
これは、純文学であれ、ライトノベルであれ、ゲームやアニメのセリフであれ、
はたまた、漢詩や俳句、短歌であれ、区別はない。


いま、自分がサブカルチャーに傾倒するのは、
これら、アーティスティックな事柄が、多く投入される
業界だからかもしれない。


 
  1. 2012/02/25(土) 11:09:40|
  2. 文化
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スオムスいらん子中隊がんばる

ストライクウィッチーズの本編がなかなか面白いので、
スピンオフの”いらん子中隊”シリーズを読んでみようかと
思ったけど、どうも、ガチ百合っぽいので、やめとこーかなぁ


ストライクウィッチーズ―スオムスいらん子中隊がんばる (角川スニーカー文庫)ストライクウィッチーズ―スオムスいらん子中隊がんばる (角川スニーカー文庫)
(2006/09/30)
ヤマグチ ノボル

商品詳細を見る



 
  1. 2012/01/23(月) 22:19:51|
  2. 文化
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

y.ish

Author:y.ish
天体写真の雑記帳です。
Keywords:
星/天体/望遠鏡/写真
福岡/九重/久住
名古屋/茶臼山

pixiv

応援バナー

『ぼくの一人戦争』を応援しています! 花咲サノバスプリングキャンペーン開催中! ソレヨリノ前奏詩 『蒼の彼方のフォーリズム』 応援バナー spr002_bn25 戯画 『ハルキス』 応援中! NANAWINDホームページ August Favarite Cuffs

ハピメアクロック

最新記事

カテゴリ

未分類 (4)
雑談 (54)
天体 (66)
旅行 (16)
壁紙 (0)
所感 (1)
機材 (5)
イラスト (36)
啓発 (2)
文化 (18)
ロケット (1)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。